server-re-face

WindowsServer 2008サポート終了に伴う入れ替えの必要性について

サーバーのOSである、WindowsServer 2008(ウインドウズサーバー2008)のOSサポートが終了することになりました。

https://www.microsoft.com/ja-jp/cloud-platform/windows-server-2008

OSのサポートが終了すると、たとえ新たな脆弱性が発見されたとしても、修正プログラムが提供されなくなり、脆弱性を悪用した攻撃に遭う可能性が高まります。

サポートが継続しているOSへの移行検討と、サポート期間内での迅速な実施が必要となります。

サポートの終了時期

2020 年 1 月 14 日

サポートが終了したOSを使い続ける危険性

  • OSのサポート期間が終了すると脆弱性が発見されても、修正プログラムが提供されません
  • マルウェアへの感染や攻撃者の侵入を受ける可能性が高くなります
  • 「Windows Server 2008」は発売から10年以上経過した現在でも脆弱性が発見されています
  • サポート終了後においても引き続き脆弱性が発見される懸念があります

※参考独立行政法人情報処理推進機構 URL:http://www.ipa.go.jp/index.html

サーバーのリプレース(入れ替え)のご提案

内部利用のサーバーであっても攻撃による被害を防ぐためには、「Windows Server 2008」のサポートが終了する前にサポートが継続しているOSに移行する必要があり早急なサーバー入れ替えをお勧め致します。

現在利用されているサーバを確認いたし、今後の業務に合わせたサーバーのご提案を致します。

栃木県の那須塩原市、那須町、大田原市、矢板市 から福島県の白河市の法人様にサポートいたしております。