blog-201510-windows10-upgrade-face

Windows7,8のOSを利用していると、Windows10への無償アップグレードの案内が告知されています。

無料だからといって、今(2015年10月17日現在)

Windows10アップグレードはやめましょう

もちろん、PCに関してそれなりの知識があり、何かしらのトラブルが発生した場合、ご自身で対処できる方で試したい方はWindows10アップグレードをされることを止めません。

もし、パソコンに関しての知識に自信がない方は是非やめてください。

やめてほしい理由

1.過去、新しいOSの初期は不具合が多発している

Windowsはパソコンを動かすためのとっても大切なOSです。私たちのパソコンライフをより良くするためにすばらしい進化を遂げております。

しかし、そのプログラムはとっても巨大で複雑なものになっており、公開当初は多くの不具合が発生します。

その不具合は、PCに関してそれなりの知識がないと対処できないことが多いからです。

もちろん、ネットを探せば、PCに関する猛者たちが果敢に取り組み解決策をネットに公開されていることも多いですが、ただネットでそのような記事を探す労力も大変であることを思い出してください。

2.アップデート自体がうまくいかないこともあります。

過去PCコンビニでは、1万台以上のPCサポートの実績がございます。

その経験値での話ですがWindowsのバーションアップはアップデート自体が、成功しないことが多数あるということです。

これは新しいバージョンに不具合があったということではなく、アップデートがうまく行かないということです。しかもうまくいかないだけでなく、元に戻せないという困ったことになってPCコンビニに持ち込まれたパソコンは数えきれない台数でした。

Windowsのバーションアップは、カスタムインストールをお勧めしています。

  • アップデート:現行のWindowsに新しいものを乗せ換えること
  • カスタムインストール:現行のWindowsは削除して新規にインストールすること

もちろん、カスタムインストールの場合はリカバリーと同じで、使っていたアプリケーション再インストールや、ファイルなどのバックアップが必要となりそれなりの手間がかかりますが、とっても安全です。

3.使用しているアプリケーションソフトがWindows10に対応していない

今、使用しているアプリケーションソフトがWindows10に対応していない場合、当然そのソフトが使えないという不具合が発生してします。

4.実際アップデートした方が不具合が発生し、PCコンビニへの相談が増えている

すでに、アップデートした方が、上記いずれかの不具合で御持ち込みになられてい方が多数いらっしゃいます。

まとめ

もちろんPCコンビニは、パソコンサポートをを生業としておりますので、対応いたします。もちろん売上になりますのでありがたくお仕事させていただいております。

またサポートを受けた方からも感謝頂いております。

ただ、そもそも問題なく使っていたパソコンなわけで、PCに表示にしたがってアップデートしたら不具合が発生し、対応に時間と費用をかけてしまうわけです。

無用に「PCコンビニをもうけさせる必要がない」と考え、ご案内しております。

新しいOSは、業務で使われているPCは無理にアップデートしないでしばらく様子を見ましょう、新しいOSはリリース後半年もすれば初期不良も改善されますので、その頃から利用については検討することをお勧めします。

 

余談ですが

いくつか参考になるページを紹介しておきます。

弊社サイト

Windows10アップグレード広告を消す方法

うっかりWindows10アップグレードしてしまって、元のWindows7,8に戻したい方へ

[注意点]
前のバージョンに戻す機能は、HDD 内の “Windows.old” フォルダの内容を使用しています。
このフォルダは、Windows 10 Technical Preview アップデート後 28日で自動で削除されます。
それ以降は、[前のバージョンの Windows に戻す] をクリックしても元の OS には戻りません。